各地労金窓口

九州労金の紹介

投稿日:

九州労金も数ある労働金庫の中でも大きく、また地元の特性を生かしたサービスを提供していることで知られている労金です。キャッチフレーズは「働く人達のろうきん」、「つかえるろうきん、みんなのろうきん」となっており、労金のテーマを前面に押し出している企業風土となっています。

また、九州労金のホームページでは「九州ろうきんは、金庫の利益と倫理が相反する場合、迷わず倫理を選択いたします」と断言しており、九州のいわば「熱い」心意気が伝わってくるメッセージを伝えるものとなっています。

この九州労金も本来は各県で別々に存在していた労働金庫が合併したものです。

2001年に福岡県労金、佐賀県労金、長崎県労金、熊本県労金、大分県労金、宮崎県労金、そして鹿児島県労金のまさに九州すべての7つの労金が合併することによって九州労金としてスタートしたわけです。

九州労金のオリジナリティはホームページ内の「ツカエルタウン」と呼ばれるウェブ上のサービスにも現れています。

ここでは「ツカエルさん」というカエルのキャラクターを用いて九州労金が提供するさまざまなサービスを説明していますが、同時に子供でも遊べるようゲームも用意するなど、家庭に身近な労金の姿勢を強調しています。

融資の説明などはやはり文字が多くて理解しにくいという人にも、必要な情報に行き着くまでは楽しくゲーム感覚で進めていくことが出来ます。

とはいえ、実際に最後の行き着く情報は他の労金と同じく一般的な融資などの説明サイトになっているので、すこしがっかりすることは否めません。

また九州の観光地情報を含めて、生活に役立つ情報を含めたろうきんの情報を「夢ろうきん」という雑誌の形で二ヶ月に一度発行しているのも、九州ろうきんが独自に取り組んでいる地域密着活動のひとつです。

九州ろうきんが定期的に行っているキャンペーンなどの情報も載っているので、九州労金の融資を考えている方にとってみれば、ぜひ確認しておきたい情報源のひとつです。

カテゴリー

-各地労金窓口

Copyright© ろうきん【労金】低金利フリーローンもあるが審査時間や手続きは? , 2018 All Rights Reserved.