その他の労金のローン

フリーローンの目的とメリット

投稿日:

労金はそれぞれの目的に沿って特定の融資商品を提供していますが、それらのどれにも該当しない融資目的が存在することも事実です。そのようなケースのために、生活の様々なニーズをカバーするべく用意されているのがフリーローンです。

その名の通り、生活していくための様々な資金として対応できるようになっていますが、当然ながら労金の目的から鑑みて、事業目的や投資目的には利用することはできません。

 

裏を返せば、それ以外の資金の必要には活用することが出来る融資として設定されているということです。


このフリーローンは融資限度も最大1億円であり、支払い期間も最長35年となっているなど、実に幅の広いローンとなっています。また金利タイプも住宅ローンとほぼ同じ、固定金利と変動金利、また上限金利を設定するタイプなど様々な金利タイプか選ぶことが出来るようになっています。

このように聞くと、他の細かくジャンル分けされた融資商品よりも使いやすいように感じるかもしれませんが、そこまで自由が利くことには確かに理由があります。

まず、フリーローンには、担保の設定が欠かせない条件となっているのが、その顕著なポイントのひとつです。これは単に不動産に担保をつけるというだけではなく、第一順位となる抵当権をつけることが必須条件となっています。

つまり、ローンがまだ終わっていない土地建物の場合、担保対象とはならないことがほとんどであるというわけです。これは、確かに利用チャンスを大幅に減らす要因となってしまうかもしれません。担保がなければ審査の申請さえさせてもらえないという訳です。

さらに金利も他の労金の融資と比べるとやや高めにはなっています。労金のホームページでは時折金利のキャンペーンが行われていますが、それらは多くの場合限定期間のキャンペーンであるため、その数字によって短絡的に決めることのないよう注意しなければなりません。

しかし、金利がやや高めになるということは、フリーローンという性質上予期していることであることがほとんどであるはずですから、大きな考慮ポイントにはならないでしょう。

ですから、これらのポイントを整理して考えるならば、その他の分野分けされたローンにどうしても該当しない融資目的の場合にのみ、このフリーローンを活用することがお勧めであるということです。

カテゴリー

-その他の労金のローン

Copyright© ろうきん【労金】低金利フリーローンもあるが審査時間や手続きは? , 2018 All Rights Reserved.