注目される福祉ローン

現在需要が高まっている融資のひとつが介護のためのローンですが、労金でも「福祉ローン」というものを用いて、その対応を行っています。

 

この福祉ローンの活用方法についてですが、突然のけがや病気にせよ年齢ゆえの介護の必要にせよ、医療や介護福祉のための必要な出費に広く対応するものです。

 

たとえば、医療費や入院費をまかなうための融資、または介護を行うための融資が代表的な例です。

 

直接病院や介護施設に支払う費用ももちろんですが、介護士に来てもらうための費用なども融資対象に含まれています。

 

また、介護を目的とした住宅の改築などが必要になった場合にも申し込むことが出来るようになっています。

 

また、その対象となる人は直系の親族だけではなく、3親等以内の親族も含まれているため、対応の幅が大きくなっているところも労金の福祉ローンの強みです。

 

このように、労金の福祉ローンはいわば、保険でカバーできないような出費をまかなうためのローンであると考えても良いでしょう。

 

そのように言えるもう一つの理由は災害のための緊急な出費もこの福祉ローンの融資の対象となることがあるという点です。

 

災害の多い日本ではよく知られているように、地震などの天災によって引き起こされた被害は必ずしも保険でまかなわれる訳ではありません。

 

また保険でカバーされる部分が一部分であるということも多々あることです。

 

そのような全体的な福祉に対応することができるという点で、福祉ローンは確かに労金ならではの融資サービスとなっています。

 

とはいえ、これは急な出費によって生活が圧迫される世帯を救済するためのものであるため、審査では世帯の収入がかなり慎重に考慮されます。

 

世帯収入として申告するものも本業や副業をかなり詳しく調べますので、必ずしもすべての人が利用できるものではないのも事実です。

 

申し込む際には、そのような細かな審査があることを思いに留めておきましょう。

ろうきんに申込んでたら間に合わない!スピード融資のカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関