労金に担保や保証人は必要か?

労金が非営利の融資機関であるとはいえ、融資の審査や条件に関しては通常の他の融資機関と同じようにしっかりとした融資条件が設定されています。団体会員であるかどうかは関係なく、かなり厳しい審査が行われています。

 

 

これは、場合によっては他の融資機関や銀行よりも厳しい場合があるかもしれません。


良い条件で貸すからこそ、十分に返済できるかどうかの確証をしっかり求めてくるというわけです。そのようなわけで、労金では確かに無担保や保証人不要の融資商品も用意されていますが、それを単純に勧めることが出来る訳ではありません。

ローン名 審査スピード 融資スピード 金利 借入可能額
オリックス銀行カードローン 公式サイト参照 公式サイト参照 年利1.7〜17.8% 最高800万円
プロミス 最短30分 最短1時間融資 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 最短30分 最短1時間融資 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
三井住友銀行カードローン 最短30分 最短即日

※ スマホではスライドして表を閲覧可能可能。
※2 住信SBIネット銀行の口座を持っていれば最短即日融資可能。

 

まず、担保についてですが、無担保はやはり労金でも敬遠されます。そのような商品は用意されていますが、融資が決定されるためにはかなりの条件を要求されるようです。それに時間をかけても、結局のところ融資の決定が下りないということもありますので、注意が必要です。

 

ですから、無担保でOKとされていても、担保になるものを持っていれば、より早く融資を受けられると理解していただければと思います。次に、保証人ですが、これに関しては保証人がなくても受け付けてもらえることが多々あります。

 

というのは、労金では日本労働者信用保証協会の保証の利用が可能になっているからです。これは、他の信用保証協会と同じく保証人の代わりとして保証料率を金利に乗せて支払うことにより、代理保証を行ってくれることになります。

 

しかし、当然のことですが、仮に返済が難しくなり、保証協会が代位弁済をしてくれたとしても、今度は保証協会からの取り立てがあることになります。

 

借りたものは必ず返さなければいけませんので、保証協会の利用に関しては、借りる際には便利に思えますが、決して許してはくれない保証人にお願いするようなものであると理解して利用するようにしましょう。

 

また、この保証協会の制度を活用することにより、最終的な金利が幾分高くなることがありますので、返済の計算を行う際には、保証協会の保証料率の計算を忘れないようにしなければなりません。

ろうきんに申込んでたら間に合わない!スピード融資のカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関