近畿労金の紹介

近畿地方での労金の窓口となるのは近畿労金となります。

 

近畿労金は「儲けない金融機関」や「グッドマネーバンク」などをキャッチフレーズにしており、独特の親しみやすさが労金の中でも際立っています。

 

近畿ろうきんとひらがなで表記されることが多い近畿労金は、6つの地域を営業エリアとして網羅しており、それは大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県の6つの地域となっています。

 

それぞれの地域に窓口がありますが、やはり窓口数が少ないのは他の労金と同じ弱点となっています。

 

近畿労金が地域統合を行ったのは中央労金よりも早く1998年のことですが、それ以降さまざまな独自のサービスも提供しているのが特徴的です。

 

たとえば、2006年には他行への振込などの手数料のキャッシュバックキャンペーンを行うなどかなり魅力的なサービスを提供してます。

 

また、セブン銀けでのATM提携だけではなく、「入金ネット」とのステッカーが貼られているどのATMでも取引ができることがわかるようににしていることも便利なサービスとして近畿労金が工夫している特徴の一つです。

 

また近畿労金は、ろうきんギャラリー心斎橋というものを作り、物産展やイベント、セミナーなどを開催していますが、これも地元とのつながりを一層強化することに役立っているようです。

 

もちろん、単なる町民会館的な役割だけではなく、融資の相談などもできるよう様々な工夫が凝らされています。

 

たとえば、「ライフプランとマネー百科」というシステムで融資を含むライフプランのシミュレーションを行うことができるようになっています。

 

これは、週末も利用できることから融資に関するさらに詳しい資料をそこで確認することが出来るのは、地元に密着することに重点を置く近畿労金ならではのサービスと言えるかもしれません。

ろうきんに申込んでたら間に合わない!スピード融資のカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関