労金の教育ローンの基礎情報

教育ローンは労金の融資の中でも最近特に注目が集まっている融資のひとつです。

 

その理由の一つは、住宅ローンやカーローンのように経済状態を考慮しながら購入や融資の申請を行うような”買い物”としての資金のニーズとは異なり、否が応でも支払いの必要が生じるものが教育費であるからです。

 

そのため、住宅ローンやカーローンなど負債がかさむ状態での融資の必要性が生じることも少なくないようです。

 

労金の教育ローンは確かに魅力的な部分がたくさん備わっています。

 

まずは金利の低さですが、10年以内の返済期間であれば、団体会員や生協会員の場合、年率が1.7%として設定されています。

 

しかし、保証協会への保証料率の加算が労金の場合にはあることを忘れてはなりません。

 

これを計算に入れると、団体会員であれば保証率を含めて年率2.4%、生協会員であれば2.9%、会員以外であれば3.4%となります。

 

それでは教育ローンの金利としては低い方と言えるでしょう。

 

また団体会員であれば融資金額は最高1,000万円となっており、また固定金利で最長15年間の返済期間を撮ることが出来るので、月々の返済額はかなり低くすることが出来ます。

 

また教育ローンでは必須とも言える据置タイプの返済もあるため、子供が就職したあとに一部負担するようなローンを組む方もおらえるようです。

 

また、基本的に固定金利型のみが提供されていますが、すでに金利がかなり低く設定されているので、この辺はメリットの高い部分であるといっても良いでしょう。

 

気をつけなければいけないのは、他のローンをすでに組んでいる場合には、教育ローンの審査が通らなくなることがあるということです。

 

特に労金の教育ローンはそのあたりの審査基準が厳しめであるとされています。

 

確かに魅力的なローン構成ではありますが、それを利用するには事前にその他のローンをきちんと処理しておくことが安全策であることは確かです。

ろうきんに申込んでたら間に合わない!スピード融資のカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関