労金の教育ローンのメリットとデメリット

教育ローンもさまざまな金融機関で取り扱っている融資であるため、なぜ労金の教育ローンが「おすすめ」であると言われているのか、そしてすぐに労金の教育ローンに決めていいいのかどうかを迷ってしまうこともあるはずです。

 

ここで労金の教育ローンのメリットとデメリットをはっきりさせておきましょう。労金の教育ローンのメリットは、

  1. 金利の低さ
  2. 返済方法の選択の広さ
  3. 活用範囲の広さ

です。@の金利に関しては、他の労金の融資と同様に労金の「強み」です。

 

保証協会の保証率を含めても3%以内に落ち着く融資はなかなかないのは事実です。

 

また、返済方法が3つの方法から選べるのも特徴的な一面です。

 

一般タイプは通常の返済方法ですが、それに加えて教育ローンには欠かせない据置タイプもあります。

 

これは卒業までのあいだは利子のみの支払いであり、その間は元利金の支払いが据え置かれるというものです。

 

そしてもう一つの分割タイプは、特に4年生大学の毎年の授業料に重点が置かれたタイプで、分割で受け取る方法です。

 

これは分割で受け取りながら、かつ元利金は据置となるタイプであるため、確実に必要な分を必要なときに受け取れるという高いメリットがあるものです。

 

また、このように入学金や毎年の授業料以外にも、留学費用や引っ越しなどその他の教育に関係する必要費用を目的として融資を組むことができる応用力の広さも確かに労金の教育ローンがしっかりとカバーしている魅力的なポイントです。

 

確かにメリットが高いため、これらを活用している利用者の満足度は95.3%と報告されています。

 

ほぼ100%に近い満足度が保証されている訳です。

 

しかし、この数字は「利用している人」の満足度であることを忘れてはなりません。

 

利用できれば満足度が高いのは確かですが、利用するまでが難しいのが実は大きな労金の教育ローンの大きなデメリットであるのです。

 

特に他のローンを併用している場合にはかなり審査が厳しいことが観察されているようです。

 

そのため、申請を行うときには断られる可能性も考えて十分前もって行うか、または他の融資機関の利用も同時に考慮しながら進めていくことが賢明な判断です。

ろうきんに申込んでたら間に合わない!スピード融資のカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関