労金から借りるのは難しいのか?

確かに労金の融資には魅力的な部分はたくさんあります。特に団体会員に該当する方にとってみれば、他の融資よりメリットの多い部分はたくさんあるはずです。

 

 

しかし、大切なのは「本当に貸してくれるのか?」ということです。


これが最も大切なポイントになる訳ですが、実際のところ、この点に関しては、はっきりしたことは言えません。

ろうきんよりスピード融資のフリーローンのスピード

ローン名 審査スピード 融資スピード 金利 借入可能額
オリックス銀行カードローン 公式サイト参照 公式サイト参照 年利1.7〜17.8% 最高800万円
プロミス 最短30分 最短1時間融資 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 最短30分 最短1時間融資 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
三井住友銀行カードローン 最短30分 最短即日

※ スマホではスライドして表を閲覧可能可能。
※2 住信SBIネット銀行の口座を持っていれば最短即日融資可能。

 

どの融資機関や金融機関での融資の場合でも同様ですが、労金の融資に関しても「100%融資が保証される」ということはありません。

 

まずは申し込んでみなければわからないということです。

 

そして、どれほど時間をかけて融資の申請に臨み、書類を集めたとしても、結果は最後の融資許可が下りるかどうかのときまで、誰にもわかりません。

 

労金からの融資については特にそう言えます。

 

なぜなら、団体会員に有利とはいえこれほどの低金利を提供しているわけですから、それなりの厳しい審査があるのは確かであるからです。

 

営利を目的としてはいない融資機関ではありますが、赤字になるような融資はできない立場にあるということにもなります。

 

また、回収の見込みが立たないような危険を冒してまで貸さなくても、十分利用者がいるわけですから、ある程度厳しい審査をできる立場にいるということも否めません。

 

もちろん、これは労金に関してのみではなく、その他の融資機関に関しても言えることですが、有利な融資を受けようと思うのであれば、それだけの厳しい審査や十分な書類の提出が求められることは予期しなければいけないということです。

 

また、審査や提出書類が度重なるということは、つまり時間がそれだけかかるということにもなります。

 

また時にはそれだけの労力を用いて融資を申請しても、融資許可が下りないかもしれないということも予期すべきです。

ろうきんに申込んでたら間に合わない!スピード融資のカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関