中央労金の窓口

確かに労金はすべて同じろうきん協会と呼ばれている全国労働金庫協会に属している組織ではありますが、実は地域ごとに窓口が異なっており、そのサービスにも若干の違いがあります。

 

ここでは関東地方での労金の窓口となる中央労金についてその概略をご説明します。

 

関東地方で労働金庫と言えば、中央労働金庫のことを意味します。

 

中央ろうきんとの略称で呼ばれることもありますが、これは2001年までは地方でそれぞれ設立されていた8つの労働金庫が合併して設立されたものです。

 

その8つの労働金庫とは、東京労金、栃木県労金、群馬県労金、茨城県労金、埼玉県労金、千葉県労金、神奈川県労金、そして山梨県労金のことです。

 

ですから、いままでそちらで取引をしていた方は今後は中央労金ですべてを対応することになっているということになります。

 

本店は東京都千代田区にあるものですが、現在もそれぞれの県に窓口がありますので、最も近い場所で対応してもらえば良いということです。

 

中央労金では定期預金専用のインターネットバンキングシステムが活用できるようになっています。

 

これはインターネット中央支店と呼ばれているものですが、最も定期預金専用であるため、融資の利用者の多くには深い関わりはないかもしれません。

 

むしろ、他の労金と同様にセブン銀行と提携しているATMを利用できることが、地域ごとの窓口の少ない労金にとっては大きな強みとなっている部分です。

 

また、中央労金では特にローンに関しての専門窓口として立川ローンセンターをはじめ、各県にローン専用の窓口を設けていますので、そちらの利用も何かと便利かもしれません。

 

そのようなローンセンターではろうきん相談会なども行っておりますので、まずは相談に行ってみるのもよいかもしれません。

 

そう出来ない場合には、中央労金のホームページで仮審査やシミュレーションなどを行えるようになっているので、それらを活用するようにしましょう。

ろうきんに申込んでたら間に合わない!スピード融資のカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関