労金のブラックリストとは?

一般に融資を以前に受けたことがあり、返済などが滞った場合にその記録が信用情報機関などに乗ってしまうことを「ブラックリストにのる」と呼びます。労金は銀行などの融資機関とは異なる非営利の融資機関であるとはいえ、それらの情報を利用しない訳ではありません。

 

そのため、以前に返済遅滞などがあってブラックリストに載っている方の場合には、労金で融資を受けることはかなり難しくなるのはやむを得ないことです。ですから、労金が独自に何らかのリストを持っているわけではありませんが、いわば融資機関が共有するデータがあるのは事実です。

ろうきんよりスピード融資のフリーローンのスピード

ローン名 審査スピード 融資スピード 金利 借入可能額
オリックス銀行カードローン 公式サイト参照 公式サイト参照 年利1.7〜17.8% 最高800万円
プロミス 最短30分 最短1時間融資 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 最短30分 最短1時間融資 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
三井住友銀行カードローン 最短30分 最短即日

※ スマホではスライドして表を閲覧可能可能。
※2 住信SBIネット銀行の口座を持っていれば最短即日融資可能。

 

また、労金の中でも顧客リストや相談しに来た人のデータがありますから、それらに記録されている情報と異なる情報を述べた場合には、融資が難しくなるでしょう。労金側であえて個々にブラックリストなるものを作成していることはないようですが、いずれにしても融資を申請する際には、包み隠さず話す必要があるということです。

 

しかし、これは以前に融資をしていたときに返済の遅滞があれば、それによって一生融資が難しくなるという訳ではありません。そのような記録は5年〜10年で抹消されることが通常となっています。自己破産の記録でさえも10年で抹消されるのが通常です。

 

この信用情報機関にどのように自分の記録が載っているかということは自分で調べることも可能です。直接窓口に尋ねるか、もしくは郵送で自分の記録を調べることが出来るわけです。もし気になる方は、本人証明の確認資料などを用意して、主な信用情報機関で確認してみると良いでしょう。

 

もし、それらに記録がないのであれば、労金を含め他の融資機関での融資を申請できる可能性が高いことになります。もちろん、必ずしも融資が許可されることを保証するものとはなりませんが、少なくとも融資許可が下りる可能性はゼロではないことがわかるわけです。

ろうきんに申込んでたら間に合わない!スピード融資のカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関