労金の申し込みから受け取りまで

金利も融資には大切なポイントですが、申し込みから融資実行までがどれほどかかるのかということも大切な点です。特に急に資金が必要になった時や、住宅ローンやカーローンのような必要が生じた場合で、すでに売主側からの請求が求められている段階であれば、融資を長く待っていることもできません。

 

また、待ったあげくに、融資が下りないという決定になってしまえば、信用問題にもなりかねません。そのため、労金の利用を団体会員として行う場合も、その他の利用者として活用する場合でも、融資が決定されるまでのスピードは確認しておくべき大切な点です。

ろうきんよりスピード融資のフリーローンのスピード

ローン名 審査スピード 融資スピード 金利 借入可能額
オリックス銀行カードローン 公式サイト参照 公式サイト参照 年利1.7〜17.8% 最高800万円
プロミス 最短30分 最短1時間融資 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 最短30分 最短1時間融資 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
三井住友銀行カードローン 最短30分 最短即日

※ スマホではスライドして表を閲覧可能可能。
※2 住信SBIネット銀行の口座を持っていれば最短即日融資可能。

 

融資の申請はまず、労金の窓口での受付から始まるわけですが、必ずしもそこがすべての始まりではありません。

 

受付での申請をスムーズに行うためには、事前に労金のウェブサイトを訪れて、必要書類を確認しておきましょう。

 

通常、融資に必要な書類は似通っていますので、申請前に事前に収集しておけば、それだけ時間も短縮できます。

 

融資の種類によっては、オンラインによる仮審査の申し込みをすることもできます。

 

秘訣はこの申請にあまり時間をかけないことです。必要な書類はすぐに集めてオンラインでできることはすべて行っておきましょう。

 

すべてがオンラインで済む訳ではありませんが、面談に行くことを何度も行うのは時間がかかってしまいますので、申し込み時に面談を済ませることが出来るならば最善です。

 

申請を行ってから、審査結果が出るまでは約2週間と思っていただくと良いと思います。

 

ですから、オンラインでの仮審査申し込みなどの申請準備開始から実際の申請および面談までを約1週間とするならば、融資の決定の連絡までさらに約2週間、そして融資確定から最終的な書類の作成などを経過して融資受け取りまで約1週間ほどかかりますので、約4週間ほどを見ておいた方が良いということになります。

ろうきんに申込んでたら間に合わない!スピード融資のカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関